医療者にもマナーは必要であること

医療者、つまり医療に関わる職業の人たちにもマナーは必要です。
少し前までは、医療は社会からある種隔離された分野であり、「医者の言うことは絶対で、何をやっても許される」というようなことがありました。
この医者が絶対という考え方を、パターナリズムといいます。
ところが、このパターナリズムは終焉をむかえ、昨今ではチーム医療というものが重視されるようになりました。
これに伴い医療者のあいだでもマナーが大切とされ、さらに患者さんに対するマナーも大切であると考えられるようになったのです。
現在では、医療者は当然社会の一員であり、特別扱いされるなどというようなことはありません。
医療者も、社会人としてのマナーが身に付いていないと社会で認められない時代になったというわけです。
それでも、医療者という職業がら、患者さんに指示することも多く、それを勘違いして自分は偉いと思っている人も存在することも事実です。
これからの時代、そういう人はどんどん消されていくでしょう。

貴女自信を守ってください

山本眼科医院は小田原にて患者様の無料送迎もしています

みなとデンタルクリニックは衛生面を最優先にし、感染を防ぐ配慮をしています

大学病院と変わらない歯科治療をご提供

治療後も予防歯科にご来院ください

最新記事